アベニーパファーの飼育・繁殖日記

大人気のアベニーパファーについてのブロブです。
アベニーパファーの飼育・繁殖日記 TOP  >  スポンサー広告 >  アベニーパファー >  重要なことは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-)

重要なことは・・・

今回は、アベニーパファーを飼育する上で一番重要だと思っていることをお伝えさせていただきます。

この5年間でおそらく千匹くらいのアベニーを繁殖で増やし育ててきました。譲ったり里子に出したりした固体を除いて、過去に飼育した個体で一匹も病気やイジメ等のストレスで死亡させたことはありません。私が誇れる自慢であります。
他の方のブログ等で、老衰以外で死亡させる記事をたまに目にしますが、では何故、私のところのアベニーは元気で長生きできるのか・・・。理由は水換えにあると思っています。これはあくまでも私の持論ですのでご了承下さい。

「水換えは週に一回、1/2~1/3」というのが、何故か熱帯魚飼育の基本になっています。これを否定するつもりはありませんが、アベニーパファー飼育に関しては少し違うと私は考えます。
私は毎日水換えを行います。約1/4程の量を毎日です。
アベニーが途中で死亡する理由のほとんどは、病気かストレスです。おそらく間違いないでしょう。原因不明でアベニーを亡くした方もおられると思いますが、ほとんどが病気かストレスからくる拒食であると思います。
私は頻繁な水換えによってこれらが克服できると思っています。

では、順にご説明させていただきます。

まず、病気にかかってしまう理由に水質悪化の原因が一番多いことは皆さんよくお分かりでしょう。水質悪化自体にはアベニーは強いです。少々水換えをさぼっても、水質悪化で亡くなることはあまりありません。怖いのは水質悪化で誘発される病気にかかってしまうことです。頻繁な水換えによって水質悪化は防げます。これは単純でしょう。
水換え時の水には、一切塩素中和剤や水質調整剤たるものは使いません。繁殖を促すとか、エラを保護するとかうたっている薬品等ももちろん使いませんし使ったこともありません。水の硬度等も測ったことがありません。だだ、ポリ容器に汲み置きした水を毎日ドボンと入れ換えるだけです。
やはり水換えは多少なりとも重労働ではありますが、それでアベニーが元気に長生きしてくれるのであればやむを得ません。

次が、毎日水換えをする一番の理由です。

頻繁な水換えによって、あえてアベニー達に「ストレスを与える」のです。逆説的な表記ですが、これがアベニー達を鍛えることになり、またイジメ防止にも繋がるのです。


少し長くなりますので、続きは次回に・・・。

じらす様で申しわけございません。


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 編集 ]
先月からアベニーを飼い始めました
毎日の水換えということで驚きを隠せませんが、バクテリアは大丈夫なのでしょうか?
[ 編集 ]
はじめて拝見します。
水換え論ですが、私はフグ飼育が大好きで色んな種類のフグを飼ってきましたが、飼育していてなんとなく同じような水換えの考え方を感じていました。
私も、毎日水換えしてますが、その方が魚も人に慣れるというか、元気です。水換えした方が病気にも掛かりにくいし、魚が元気に感じられます。気のせいかもしれないですが・・・。
[ 編集 ]
助かります
参考になりました。
[ 編集 ]
はじめまして
先日から何度かお邪魔させて頂いています
私も以前より興味のあったアベを飼い始めて1ヶ月くらいになります
今日 このブログを見て慌てて 水替えした怠け者飼い主です 汗
ただ水は ビーシュリンプ用に沢山汲み置きしてあるので セーフでした
また いろいろ教えてください
[ 編集 ]
はじめまして!
私もアベニーの繁殖を目指す者です。
最初から興味深く拝見させていただきました。
目からうろこのことばかりで驚いています。
これから私の教科書として活用させていただきます。
[ 編集 ]
はじめまして!
ブログランキングから飛んできました。
初めまして!

アベニーを飼育し始めて1年半ほどになります。
現在6匹飼育で、繁殖を目指してますが、思うようにはいきません。
そんな状況で生意気にもフグサイトなるものを立ち上げ、「アベニーの飼育法」などを掲載しているのですが、この記事を見て、ホントに目から鱗が落ちました。
毎日水換えだなんて、セオリーから逸脱し、一見「?」のつくような内容ですが、それが1000匹もの繁殖をされた方のお考えならば、正解なのでしょうね。
いや、地域によって水道水の成分が違う等、様々な条件が異なるので、正解は無いのかもしれませんね。
ただし、タイムさんがそれで1000匹繁殖させたということは事実ですから、試みてみるのに十分な価値がある内容だと思いました。
宜しければ、今後も色々と教えていただきたいです。更新を楽しみにしてますね!
[ 編集 ]
鬼だな。
[ 編集 ]
はじめまして。
最近アベニーを飼い始めました。
そこで、今回のお話興味深く読ませていただきました。
当方、ビーシュリンプメインで水槽をやっているのですが
こちらは基本的に水換えしなくとも大丈夫です。
水換えより水足しばかりですし、その際は中和剤などを使っていました。
アベニー水槽も同様の手法と考えていましたので
ちょっと驚きではあります。
次回のお話が楽しみです。お待ちしています。
[ 編集 ]
目から鱗です。
こんにちは。
今回のお話、興味深く読ませていただきました。
確かに、なんの疑いも無く雑誌や専門のブログに出ている通り、週1回1/3の換水を実行しておりますし、その際水質調整剤も使ってます。
水質調整剤を一切使わない水作りというのは、考えていなかった方法で、でもバクテリアが働くようになれば、それでも良いのではと考えさせられました。
次回のお話が早く読みたいところです。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。