アベニーパファーの飼育・繁殖日記

大人気のアベニーパファーについてのブロブです。
アベニーパファーの飼育・繁殖日記 TOP  >  スポンサー広告 >  アベニーパファー >  飼育環境

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-)

飼育環境

60cm大人アベニー水槽をご紹介いたします。

abe4.jpg

上部式ろ過で底床にはろ過ジャリを使用しています。
水草は一切植えていません。流木と竹筒シェルターを配置しているだけです。なぜこのようにシンプルにしているかは、すべてに理由があります。

まずろ過は、水草がないので外部式の必要がありません。セットで付いていたろ過器を使っています。上部式はろ過中に二酸化炭素を逃がし、排水時に水が水面を叩くように排水させることで酸素を取り込みます。ですのでエアポンプも使用しておりません。

次に何故、水草を植えないか?一番の理由は産卵後の卵が回収しやすいからです。流木等を水槽から取り出し、中を空っぽにし、その後排水ポンプで底付近を吸い上げれば楽々です。
(回収法等の詳細は後日アップします)
ウィローモスが無いと産卵しないというのは嘘です。

それと水草があると色々と必要なものが出てきます。CO2・肥料・強めの光量等、これらは決してアベニー飼育にプラスになるものではありません。

次に水草があると魚が落ち着くとかアベニーに関しては喧嘩の防止や弱い固体の隠れ家になるとかいわれますが、そんなことはありません。これは飼い主の勝手な思い込みでしょう。30cm~120cmぐらいの広さではいくら障害物を作ろうが喧嘩をするような元気な固体同志はすぐに鉢合わせになり喧嘩は始まります。また、弱い固体の為に隠れ家を多くするとそこでの居心地がよくなりあまり前に出てこなくなります。アベニーは割と暗がりが好きです。引きこもりになり、やがて拒食になります。
(喧嘩防止策やいじめを無くす方法は後日詳しく説明します)

もちろん水草があっても支障はありません。無くてもよいということです。以前は私もアベニー水槽に水草を植えていた時期もあります。現在120cm混泳水槽では水草たっぷり育成中です。緑一面の水草水槽の中をアベニーがピロピロ泳ぐ姿もなかなかなものです。観賞用としてはやはり見栄えがいい方がよいでしょうから。

全体的におおまかな説明になりましたがお許し下さい。今後、徐々に掘り下げて詳しく説明させていただきます。


何故、ろ過ジャリを底床に使うかは、次回に・・・。


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 編集 ]
お初です。
初めまして!私は、アベニーを飼い始めてまだ3週間の新米です!
このごろアベニーの元気がないので、色々調べてるうちに、ここにたどり着きました^^
毎日の水かえや、とってもわかりやすくて、何度も見返してみちゃいました!  
 買ってきたときから、何か、口のまわりに白いものがついていて、気になります。体は、白くないのになぜ、口だけ? 薬を入れないと、治らないのか・・・熱帯魚は、奥がふかいです。
参考にさせてもらい、ストレスや、病気にかからせないように、がんばってみます!!
[ 編集 ]
はじめまして
現在、アベニーを飼い始めて1ヶ月ちょっとになります。読みやすく分かりやすくてとても勉強になります!!
濾過砂利に関する記事も期待&楽しみにしています。
いろいろと参考(真似?)させて頂くと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。